FC2ブログ

Page up▲

大雪山と花たち~3~

満月沼



チングルマ
チングルマ1
丸い糸状に集まった実の形を、稚児車(チゴグルマ; 子供のおもちゃの風車)に
見立て、それが訛ってチングルマになったというのが定説。 雪が比較的多い
場所に生育しています。


チングルマの綿毛群生
チングルマの綿毛群生



コメバツガザクラ
コメバツガザクラ
高山の岩場に生える小低木。葉は常緑で米粒のように厚く3個ずつ輪生または対生する。
花は壺型で先に3個または6個ずつつくことが多く、白色でわずかにピンクを帯びる。
ツガザクラ属とは別属。


シシウド
シシウド
放射状に広がった花は小さな花の集合体である。セリ科の植物の特徴でもある。



キオン
キオン


スポンサーサイト




Page up▲

大雪山と花たち~2~

噴気孔

噴火口
旭岳の噴気孔。
かなり離れた場所からでも、凄い勢いで蒸気を噴出す音の大きさに驚いた。
噴気孔の蒸気と空の雲が一つになり、雲海の中にいるような錯覚になった。


すり鉢池
すり鉢池3
周りは厚い雲とガスに包まれて視界が悪い中、この池の真上だけが快晴だった。
池に映る青い空・白い雲が、空の青さより鮮やかに綺麗だった。


イワブクロ
イワブクロ
(ゴマノハグサ科)[岩袋] 岩場に生息し、花が袋状になっているのでこの名がある。

散策路に沢山の花たちに出会えた。
その花たちを載せて行きます。

エゾノツガザクラ

北海道に産するツガザクラの仲間。「ツガ」は葉の形が針葉樹のツガに似ていることから。
「サクラ」は花の形が似ていることから。

同じエゾノツガザクラでも、色が違うと違う花に見える。
小さな提灯のような、スズランにも似た感じの可愛い花。

エゾノツガザクラピンク


エゾノツガザクラ赤


エゾノツガザクラ白

大雪山遊歩道は一定の幅の道になっており、作られた遊歩道だと思った。
道の両脇には杭が打たれロープが張られて中に入らないよう注意書きが
有った。樽前山だと自然に出来た道・・・その分、中に踏み込まれ痛んだ
所が・・・。
一周して感激したこと!どこにもゴミがない!!
環境が良いことが、とても嬉しかった^^



Page up▲

大雪山散策

姿見の駅前
姿見の駅
ロープウェイを降りると目の前に雪の歓迎を受けた。


チングルマ
チングルマ
残雪の横にはチングルマが一面に咲いていた。


すり鉢池
すり鉢池
下は快晴の汗ばむ気温が登頂すると雲に覆われていた。
池の真上に晴れ間が出来、水に映しだされた青い空と
白い雲が綺麗だった。


姿見の池
夫婦池のパノラマ縮小2
旭岳の頂上に雲がかかり全体が見えなかった。
雲の流れるのを待っていたが、霧もかかってきて
晴れる様子がなかったので諦めた。


Page up▲

ラベンダー

家のラベンダー







家のラベンダー4


庭のラベンダーの蕾が咲きました。
小さな花でとても可愛い^^
我が家のラベンダーが咲いたってことは・・・
富良野のラベンダーも・・・

Page up▲

浜辺の花たち

ハマナス

ハマナス

最近は園芸種として見られるハマナス・・・・
浜辺に咲いていたハマナスは色鮮やかで
良い香りに包まれた。
花言葉~見映えの良さ・香り豊か・美しい悲しみ

ハイキンホウゲ
ハイキンホウゲ


エゾキスゲ
エゾキスゲ

ユリ科の夕方に開花し翌日の午後に散る一夜花。
花言葉~日々新たに・心安らぐ・物忘れ


エゾスカシユリ
エゾスカシユリ2

花は上向きに咲き,花びらの間から下がすけて見えるところから
透かしユリと名付けられたようです。
花言葉~無邪気


ハマエンドウ
ハマエンドウ

エンドウと同じ花でビックリ!
ツタもあり野菜のエンドウの様に実がなるのかなぁ・・・?
花言葉~人とは違う個性を好きになって欲しい


ヒオウギアヤメ
ヒオウギアヤメ

葉の出方が檜扇(ヒノキの薄板を重ねた扇で、
古くに宮中などで用いたもの)に似ていることから
ついたものです。葉はアヤメよりやや幅広。
花言葉~物思い


トゲミノキツネノボタン
不明4



不明6


花たちが咲いて居る直ぐ側では護岸工事をしていた。
砂浜が削られて、この花たちもいつかは消えるのだろうか・・・・
自然を破壊しているのはいつも人・・・・・
守るのも人・・・・





Page up▲

厚真町大沼の野の花たち

大沼に咲くスイレン

早北大沼公園



スイレン4


ネムロコウホネ

ネムロコウホロ

花言葉~崇高
初めて目にしたコウホネ
小さくて岸から離れていたので
花のアップが撮れなかった。


ハルザキヤマガラシ
ハルザキヤマガラシ



ノミノフスマ
ノミノフスマ”

花言葉~いじらしい

マツヨイセンノウ

マツヨイセンノウ”


横から見たもの

マツヨイセンノウ


正面から見たもの
マツヨイセンノウ (待宵仙翁)
マツヨイセンノウは背丈50センチほどで、風が吹くと身を任せるように揺れます。

オドリコソウに良く似た花
不明

鳥の巣箱の側に咲いていた花。
この辺では見かけないので鳥が運んできたのだろう・・・
花の咲き方はオドリコソウに似た感じがするが
葉に特徴が有る花。

Designed by mi104c.
Copyright © 2008 野の花・自然風景, all rights reserved.
06 | 2008/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS